« アーサー・ペンドラゴンに関するブラッドリー・ジェームズの考察+α | メイン | コリン・モーガン出演『Parked』撮影終了! »

『Merlin/魔術師マーリン』で英語のお勉強♪

2010/02/19
S2-EP8『The Sins of The Father』を観ていて、1つ英語のフレーズが増えたalexです。

受験英語とか暗記とかバッチリな方にはたぶん今更な熟語だと思うものの、alexの脳みそからは欠落していたのがこのフレーズ。

let go of
意味:~から手を放す

何を突然?(笑)
いえ、わたくし、きっともうこの「let go of」の意味を忘れないと思うのです。というのも、覚えたシチュエーションがあまりにも楽しくて(笑)

ネタバレが入るので続きに行きます。
ネタバレNGな方は是非ともお戻りを。


★ネタバレ注意!!隠してません★





なんでいきなりこのフレーズなのかというのは、「let go」までは疑問がなくて、ofが続いて聞こえて「なんでofが付くんだ?」と単純に疑問に思ったから、です。

ちょいネタバレですが、S2-EP8で、アーサーがウーサーに外出禁止令を食らって部屋に閉じ込められてしまい、どーーーーしても行きたい場所があったアーサーがマーリンを召還して窓から脱出を図る場面がございまして。

がんばってマーリンがロープを調達してきて、アーサーは窓からいざ出ようと・・・
 20100220_1070363
アーサー:お前にオレの体重が支えられるのか?
 20100220_1070364
マーリン:大丈夫ですよ。僕は見た目よりも力持ちなんです
 20100220_1070365
アーサー:・・・・(胡散臭げな視線。でも他に手がないのでロープを握って窓の外へ)

手袋をしてロープを握り締めてたマーリン。勢いよくまっすぐに降りて行ったアーサーを支えるべく踏ん張るも、なんとロープの長さが足りなくなってアーサー宙吊りに!
 20100220_1070366
アーサー:マーリン!何してるんだ、もっと下ろせ
 20100220_1070367
マーリン:もうロープがないんですっ?! あぁ、僕ももう長くもちません!
 20100220_1070368
アーサー:マーリン・・・・Do not let go of the rope.→そのロープを放すなよ。
マーリン:(ロープを放す)
アーサー:(そのまま落下)
マーリン:(おそるおそる窓から下を覗くと・・・・馬糞の山に落ちて、顔中馬糞まみれになったアーサーが恨めしげに見上げてくる)
 20100220_1070369
という、とっても爆笑できるお茶目シーンなのです。
馬糞にまみれた恨めしげなアーサーがもうほんっとに可愛くてかわいくて(大爆笑)
 20100220_1070370

部屋の外には衛兵が2人立ってアーサーを部屋に閉じ込めているので、窓から脱出するしかなく、マーリンに「オレをここから出す方法を考えろ!」とか丸投げしたアーサー。
マーリンがガイアスの部屋で見つけたロープを持ってやってくると、めーちゃーくーちゃー嬉しそうな顔をするのですヨ。(←もー、ほんっとに無邪気に嬉しそーに笑うんだからっ!!!)

アーサーは2階~1階辺りかもう少し高いと思われる場所で宙吊りになっちゃうんですけれど、これ、コメンタリーによると実際にその高さに吊られていたらしいです、ブラッドリー。
「実際にあの高さにいたのかい?」「うん、そーだよ」てな会話が。
3月中旬には仕事が落ち着くので、落ち着いたらシリーズ2の全エピソードガイドupします。もう語らずにはいられないっ!!(笑)

で英語に戻りますが、alexは、let goまでで「~を放す」という意味になると思い込んでいたので、「なんでofなんかいるのさ???」と不思議に思い、辞書を引いたところ、「let go of」で一つながりだったことを発見。1つボキャブラリーが増えたことを確信して喜んでいるのでした(笑)

映画やドラマが英語学習にいいよ、と言われるのは、こんな風にシチュエーションで覚えられるからだとalexは思っています。ただの英文をただの文章として頭に詰め込んで、文法があーだ、イディオムがこーだ、とやるよりも、
宙吊り→ロープ放されたら落ちる→ぜーったいにロープを放すなよ!(Do not let go of the rope.)→ロープ放されて落ちちゃった→王子、馬糞まみれ・・・w
と、一連の映像で見ているほうがよっぽどすーっと頭に入ってきて脳裏に残りますでしょ?(え?残らない?ドキッ)

日本語にはなくてものすごぉぉぉぉく悩ましいaとtheも、会話を聞いてるとかなり使い方が分かってきて、そこに注目してみるとすごい勉強になるんですよね。
特にこのS2-EP8は聞き取りやすいので個人的にはお勧めです。激昂していてもアーサーの台詞はなぜか分かりやすい。

そうだそうだ。S2がご覧になれる方はこのシーン要チェック!
アーサーとマーリンが隣国の領地内をパカパカ進んでるとその隣国の兵士に襲われちゃうシーン。
マーリンを襲おうとした兵士に後ろからぐっさり剣を投げつけてマーリンを助けるアーサー。返す刀(ってか、剣は別から調達)で別の兵士と斬り合っている時、木の上にいた兵士がそこからアーサー目がけて槍を投げようとスタンバイ。
それに気づいたマーリンが、呪文を唱えて槍に火をつけ、びっくりした兵士が「あ~あぁぁぁーーー」と叫びながら木の枝から落ちていく
↑ここ! 「あ~あぁぁぁーーー」と声を当てているのはBradley Jamesです!!
「誰の声?この兵士」な~んて、ブラッドリーったら。DVD持ちの方は音声解説でご確認ください(笑)

結構ですね、叫んでる兵士だとか呻いている兵士だとか騎士だとか。その辺りの声を監督や出演者がアテレコしてること少なくないようです。「これ、監督?」とどれかの音声解説で誰かが聞いてたな~。

アメリカ英語慣れしてると最初戸惑う単語にscheduleがあるんですが、これ、UK英語ではシェジュールと発音しますので、音声解説で出てきたら「おっ!」と思ってください♪
スケジュールではありませんよん。ロンドンでTUBEに乗ると、よく「りしぇじょー(ど)」と言ってますです。rescheduled。
シェジュールというより、「しぇじょー」の方が近いと思うんですけどねぇ・・・・。(初めてこの音をBritishから聞いた時、「How do you spell?」と聞いて、s・c・h・e・d・u・l・eだよ、と答えられ、「それって、それって・・・スケジュールぢゃんっ!」と仰け反った楽しい記憶をさらします・笑)
日程の話は特に監督辺りがよく話すので音声解説でも何回か耳にしました。


ちうことで、マーリンで英語を勉強しよう!のネタでした♪


JUGEMテーマ:†魔術師MERLIN†

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ 

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« アーサー・ペンドラゴンに関するブラッドリー・ジェームズの考察+α | メイン | コリン・モーガン出演『Parked』撮影終了! »

S2日本版DVD-BOX-I

シリーズ1-5コンプリートUK版DVD-BOX

シリーズ2日本版DVD-BOX:2011/10/07、2011/11/04発売!

Profile

H.N:alex

UK俳優が主に好き。1人にハマると、出演作品でまた気になる俳優が出てきて芋づる式にどんどん、どんどんお気に入りが増えることに。Sean Bean, Daniel Craig, Ben Barnes, Colin Firthなど。USよりUKが断然好き。詳しくは→こちら

ブログ内で和訳を載せている記事がありますが、本職ではありませんので精度の保障はありません。あらかじめご了承の上でご覧ください。
尚、管理人はコリン・モーガン、ブラッドリー・ジェームズ共に好きですが、比重が大きいのはブログタイトルにあるとおりですので、とにかく「自分はコリンだけ」と言わずにいられない方は場所を変えてどうぞ。

コメントルール

【重要】このブログでは「英語勉強の為に、YoutubeからDLしてiPod他に入れています」など、日本の著作権法に抵触する恐れのあるコメント書き込みは削除させていただきます(詳細はこちら)

マーリン2012年 公式カレンダー

マーリン シリーズ3 UK版DVD-BOX


PCで再生可能(TVで観るにはPAL対応機必須)。日本語字幕がないので英字幕だけでOKな方、待ちきれない方にはお手頃価格のUK版がお勧め☆ ※個人輸入は自己責任にてどうぞ。

海外版DVDの注意事項

S2-EP3,EP4,EP13 S3-EP1原書



UK版DVD-BOX/PAL対応機

PCで再生可能(TVで観るにはPAL対応機必須)。日本語字幕がないので英字幕だけでOKな方、待ちきれない方にはお手頃価格のUK版がお勧め☆ ※個人輸入は自己責任にてどうぞ。

海外版DVDの注意事項

★UK版DVDの特典詳細:S1S2-1


UK版のDVDは日本国内用DVDプレーヤーでは再生できませんが、PAL/NTSC対応機であれば問題なく再生できます。大画面で鑑賞したい方にお勧め!(購入の際はご自身でしっかり確認してください)

日本版DVD-BOX



DISCLAIMER

Bradley James Japan is a fansite for fans by fans. Everything on this site unless stated otherwise was made by me. All photos are c by their respective owner, studio and author. None of them belong to us. I dont intend to steal someone's work or infringe any copyrights. If you are the studio or photographer that truly owns any of the images posted here and want them removed, please contact us and we will remove them.

当サイトに掲載させていただいているコンテンツについては、権利者の方から削除の要請があった場合、速やかに削除させていただきます。プロフィール記事内のメールアドレス宛にご連絡ください。当サイトでの著作物の使用によって権利者に損害を発生させる意図は一切ございません。